So-net無料ブログ作成
検索選択

[記]2012-12-13(木), [鍛]筋肉痛, [Perl]chmod

[記]2012-12-13(木)

ましたのは6でした。
吉田照美 ソコダイジナトコ』をきつつ、布団脱出しました。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の冒頭6分半ていたら、8時半っていました。
体組成計測定して、準備をして、9ます。

[鍛]筋肉痛

昨日のウエイトトレーニングで、筋肉痛になりました。
背中腹筋、お筋肉痛です。
チンニングをしたので、背中筋肉痛なのは想定りです。筋肉痛になるのは、ちゃんと背中使えてないってことかな。
腹筋腹筋をやったから、お全力ったからですね。

[Perl]chmod

Perlchmod相当のことをするには、chmod使います。
そのままやん。
ファイルのアクセス権は数値指定します。8進数指定するのが一般です。Perlで8進数記述するには、数値先頭に"0"をけます。

chmod 0755, $file or die "$file:$!";

以上です。


ITProの『Perlリファレンス』には、こんなことがいてあります。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Reference/20080930/315710/
ファイルのアクセス権限はLinuxのchmodコマンドのモードを表す数値の先頭に0をつけたものです。

これ、ではないですけど、正確表現でもないです。
Perlchmod数値ならなんでもってくれます。8進数表記すると人間むのに都合がいいだけです。

chmod  0b111101101, $file or die "$file:$!"; #  2進数
chmod         0755, $file or die "$file:$!"; #  8進数
chmod          493, $file or die "$file:$!"; # 10進数
chmod        0x1ed, $file or die "$file:$!"; # 16進数

10進数や16進数表記するメリットはまったくないですね。こんな表記たら殺意波動目覚めそうです。
数値先頭0bけると2進数になりますが、これはメリットがあります。Perl数値は、_区切ってやすく表記することができるので、2進数で3ずつ区切れば、アクセス権限の各bitをそのまま記述できます。

chmod  0b111_101_101, $file or die "$file:$!";

ls表示されるアクセス権限一致します。

-rwxr-xr-x

とはいえ、2進数使うメリットは、8進数えなくていいくらいですけど。

[記]2012-12-13(木)

めをさましたのは6でした。
『よしだてるみ ソコダイジナトコ』をききつつ、ふとんをだっしゅつしました。
ヱヴァンゲリヲンしんげきじょうばん:Q』のぼうとう6分半をくりかえしみていたら、8時半をまわっていました。
たいそせいけいでそくていして、じゅんびをして、9にいえをでます。

[鍛]筋肉痛

きのうのウエイトトレーニングで、きんにくつうになりました。
せなか、うで、むね、ふっきん、おしりがきんにくつうです。
チンニングをしたので、せなかとうでがきんにくつうなのはそうていとおりです。むねがきんにくつうになるのは、ちゃんとせなかがつかえてないってことかな。
ふっきんはふっきんをやったから、おしりはぜんりょくではしったからですね。

[Perl]chmod

Perlchmodそうとうのことをするには、chmodをつかいます。
そのままやん。
ファイルのアクセス権はすうちでしていします。8進数でしていするのがいっぱんてきです。Perlで8進数をきじゅつするには、すうちのせんとうに"0"をつけます。

chmod 0755, $file or die "$file:$!";

いじょうです。


ITProの『Perlリファレンス』には、こんなことがかいてあります。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Reference/20080930/315710/
ファイルのアクセス権限はLinuxのchmodコマンドのモードを表す数値の先頭に0をつけたものです。

これ、うそではないですけど、せいかくなひょうげんでもないです。
Perlchmodはすうちならなんでもうけとってくれます。8進数ひょうきするとにんげんがよむのにつごうがいいだけです。

chmod  0b111101101, $file or die "$file:$!"; #  2進数
chmod         0755, $file or die "$file:$!"; #  8進数
chmod          493, $file or die "$file:$!"; # 10進数
chmod        0x1ed, $file or die "$file:$!"; # 16進数

10進数や16進数でひょうきするメリットはまったくないですね。こんなひょうきをみたらさついのはどうにめざめそうです。
すうちのせんとうに0bをつけると2進数になりますが、これはメリットがあります。Perlのすうちは、_でくぎってみやすくひょうきすることができるので、2進数で3ずつくぎれば、アクセスけんげんの各bitをそのままきじゅつできます。

chmod  0b111_101_101, $file or die "$file:$!";

lsでひょうじされるアクセスけんげんといっちします。

-rwxr-xr-x

とはいえ、2進数をつかうメリットは、8進数をおぼえなくていいくらいですけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。